スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE!1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!」二日目中野参加レポのようなもの。





「THE IDOLM@STER MILLION LIVE!1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!」


二日目に参加したレポになります。

前日のレポはこちら
「THE IDOLM@STER MILLION LIVE!1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!」初日LV参加レポのようなもの。


二日目は会場に、友人Pの一人と一緒に二人での参戦!
ではでは二日目いってみましょー!
続きからどうぞ!






前回同様、出演者の名前を愛称でいきますよ一覧(敬称略

2014/06/08

山崎はるか→ぴょん吉
田所あずさ→ころあず
Machico→まちこ
麻倉もも→もちょ
夏川椎菜→ナンス
伊藤美来→みっく
種田梨沙→種ちゃん
藤井ゆきよ→ゆきち
村川梨衣→りえしょん
雨宮天→天ちゃん
上田麗奈→うえしゃま
郁原ゆう→ゆうちゃ


初日同様、MC内容はズレ・・・っていうか会場にいたからほんとこういうトークがあった!っていう程度にしか覚えてない!


会場はステージに向かって右側、前列のほうの機材近くにいました。

何よりも今日この日の参加で嬉しかったのは、前日体調不良で参加できなかったころあずが限定的とはいえ参加すること!
参加して大丈夫なのか、悪化しないか、という心配ももちろんあったし、休んでて、という思いもあったけれど。
きっとそういう叱咤叱責はスタッフはもちろん、共演者であるガールズたちがしてくれて、それでも参加したいというころあずの強い思いがあったからこうして限定的でも参加が決まったんだろうな、と。

じゃあ私たちプロデューサーに出来ることはそうやって頑張ってステージに立とうとしているころあずを応援すること、暖かく迎え入れることだよね。

LVと違って会場はやっぱり熱気も雰囲気もぜんぜん違って、肌に伝わってくるものがあるなぁ、と思いつつ前後左右の人と挨拶。
とはいえ、隣は友人P(前日「フェスタイルミネーション」で頑張ってた奴)なので挨拶とかないんですが。

前席にいる人がすごい量のサイリウム用意しててすごいなぁ、と思ったり、杏奈の特攻服着てる人が視界にいたりでやっぱ会場は気合の入り方が違っていいね。


そうこうしているうちに小鳥さんから諸注意があり、LV会場がつながってることを確認し、いざ二日目の幕があがる―――



前日同様、「Thank you!!」(全員)でスタート!
昨日も聞いた曲、見た曲なのにやっぱり会場だから全然違う!
おお、出演者も半分以上入れ替わっているのでどれが誰か、初見の人が多くてわからn・・・天ちゃーーーーん!!!
天ちゃんを確認して一気にテンションがあがる自分。
わかりやすい・・・。



曲のあと挨拶があり、実はりえしょん担当する松田亜利沙が前日誕生日だったのでプロデューサーみんなでお祝い。
亜利沙お誕生日おめでとーーーー!!!



「PRETTY DREAMER」(ぴょん吉、ナンス、うえしゃま)は前日にもやったユニット曲。
たぶんユニット曲は共通なのかな。
うえしゃまが!うえしゃまがかわいい!!うみみヘアー素敵!!
※月ヶ瀬PはうみみP

会場はLV会場の比にならないレベルのコール!
そりゃ人数がこれだけ違うんだからそうなるよね!たのしい!



「素敵なキセキ」(ぴょん吉)も前日同様、未来らしい明るい曲だしノリやすいしでこっちのテンションもあがりっぱ。
と思ったら、今までで30回近く?この曲を歌ってきたぴょん吉、今まで間違えたことないとこで間違える。
一拍おくところで間違えてしまうも、そんなことは気にしないプロデューサーたち。
こういうのが見れるからライブってCDにはない良さがあるよね。



「Happy Darling」(ナンス)がその後つづき、さらにボルテージはあがる。
っていうかこの二曲前日も近い位置にあったよね!?
LV会場でもそこそこコールできてた人多かったのに会場ともなるとさすがに揃う揃う。

二日目も冒頭サビ後の間奏の「テンテンテテンテーン」のところでナンスが右左右右右とステップ踏むあそことサビ前の「そーれっ!一緒に!」の下から上へ掬い上げるあの動きがきっちりあってもうほんっと可愛い!
※参考画像提供:タカさん(Twitter/Pixiv)
そーれっ!一緒に!参考画像

え?前日レポにもあったって?
かわいいものは何回見ても飽きないだろう?

「テンテンテテンテーン」のとこ、みんなで波できたりしませんかね。
ナンスのステップにあわせてサイリウムを振るの。
やったらすごく綺麗だし、一体感ありそうなんだけど難しいかなー(o・∇・o)



「恋のLesson初級編」(まちこ)二日間共通組み三連続!?
前の席の人がまちこと同じポンポン持ってきてて振るのかな?と思ったら振らなくて何のために持ってきてたのかわからなかった。
前日LVで一部だけがやっててなんて言ってるのかわからないコールが近くにまちこファンがいたのもあって二日目ははっきりと。

「L.O.V.E.らぶりーまちこ!」

って言ってたんですね。
なるほど、そういうコールがあったのか、と思ったけどこの時はまだ公式じゃなかったみたい?
後日公式になってたのでなるほど、届くものなんだな、と思いました。



「Legend Girls!!」(もちょ、ゆうちゃ、みっく)ではゆうちゃが素敵でした。
ユニット曲でソロ曲をサンドする、っていう感じのセトリなのは前日と同じ感じなのかな?
会場大きいし周りもすごく声出してるしで前日よりも思いっきり気持ちよく「Sing!Sing!Sing!」出来て楽しかった!
一緒に作っていくこの感覚がほんと会場は桁違いに感じられていい。



そしてMCコーナー。
前日に引き続き、衣装に触れた話の中、まちこの脚を触らせてもらったというもちょ。
なにそれうらやましい、自分も触りたい!

二日目も前日同様、出演者が担当キャラになるべく近い感じにしてきてくれていてとてもよかった。
とくにうえしゃまはほんとうみみヘアーが似合っててですね、もう感動ですよ、うみみがそこにいる!
うえしゃま自身はうみみと正反対な感じの人なんですけどね。



「Sentimental Venus」(ナンス、ゆうちゃ、種ちゃん)は前日とガラっと変わった感じで!
ナンスは続投したものの、二人入れ替わるとやっぱり雰囲気かわりますね。
というかゆうちゃが眼鏡かけてることもあってこう、全然違って見える!
演出とは全然関係ないのだろうけど、こういうわかりやすい視覚的な刺激変化っていいなぁ。



「アフタースクールパーリータイム」ほんっと素敵だった。
公式リウム最初テストで点けたときは「うーん?」だったんだけど会場でたくさん点いてるとほんときれいなシャンパンゴールドで・・・!
恵美らしさがよく出てた。
LTP、SSAと歌われてきてたのである程度コールは決まってたみたいなんだけどあんなにあると思わなかったよ!
歌うとこ多いな!?

あとゆきち初めて生で見たけどほっそ!?
脚ながっ!?
めっちゃ綺麗な人でした・・・恵美みたい・・・!



「チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!」(りえしょん)は出だしの電子音の段階で会場の空気が一変。
聞いたときからこれは乗れる、楽しい曲だって分かってたけど・・・ここまで楽しいなんて!
元から曲にコール&レスポンスが入ってるから分かりやすくて予習しやすかったのもあって会場一丸となって楽しめたんじゃないだろうか。
「A・R・I・S・A!」がほんっっと楽しかった。
これカラオケも楽しいよ!



「ココロ☆エクササイズ」(うえしゃま)は自分が推してるアイドルの持ち歌。
海美らしく、明るくポップな曲。
メロやサビとかで重ねて歌うところというかコールするところが結構あるので覚えることは多い感じ。
とりあえずはサビ前の「腹筋!背筋!胸筋!」を元気よくコールできれば楽しめるかな?

もうほんとうえしゃまがうみみそのもので可愛らしくてですね、もう感動ですよ!
何回その台詞言うんだって感じなんだけどすっごく似合ってたんだから仕方ないじゃない!



「トキメキの音符になって」(もちょ)が連続で来て月ヶ瀬P大慌てですよ。
なんでって?UP連続で折ることになるとは思わなかったからだよ!
※星梨花も海美もカラーがピンク
終わったあと隣の友人Pにも言われましたけどだいぶテンパってました、ええ。
だってー、だってー、連続で好きな二人かつ色同じ二人が来るとは思ってなかったんだよぉ・・・。

前日LVで見てた時に振り付け変えたんだよー、って言ってたのでがんばって見てました。
確かに1番と2番で振り付け違うなーって。
ほんともちょはすごいなぁ、と感心。



「Blue Symphony」(まちこ、天ちゃん、種ちゃん、ゆきち)は千早以外の面子が勢ぞろいという豪華っぷり。
前日LVで見たときは震えこそすれど、泣きはしなかったので大丈夫だろー、と思ってたのですが。

うん、無理だよね、なんとなくわかってた。

ぼろっぼろに泣きながら応援してました。
ゆきち、種ちゃん、天ちゃん揃ってるとかもうね、感極まってしまって無理でした。
隣にいた友人Pもこの曲大好きなので泣きながら応援してました。
いやそりゃそうなるよね、うん。

いずれまた別の記事で書こうかなぁ、とは思っているのですがLTP04って特別思い入れがあるCDなのでそういう意味で今回のライブの二日目は会場行けてほんとよかったです。



その後のMCでは歌ってるときの表情が「ドヤ顔がセクシー」みたいなことを言われた天ちゃんにナンスがドヤ顔を要求。
えーー、といいつつも応えてやってくれる天ちゃんが大好きです。
でも恥ずかしかったのか、その後ナンスに「覚えてろよ~!」と言い放ち・・・!
これは後日のトラハモ(ナンス、天ちゃん、もちょのラジオ)が楽しみ!



そして前日同様カバーコーナーへ。


「GO MY WAY!!」(ぴょん吉、種ちゃん)
「キラメキラリ」(みっく、ナンス)
で始まるカバーコーナー。
前日のLVと比べても圧倒的オレンジオレンジオレンジ!!
会場とLVでこうも違うか!と感動してしまった。
ほんと愛されてる曲なんだなぁ。



「きゅんっ!ヴァンパイアガール」(もちょ、天ちゃん)
まさかのフラグ回収※詳細は前日レポ
うおおおおおおおおおおおお!?天ちゃんが歌ってるよ!?
天ちゃんのダンスがセクシーだよ!?
天ちゃあああああああああああああん!!!!!!!!

はい、取り乱しました。
いや、前日にね?いくらちょこっと予想してたとはいえ当たるとは思わないじゃないですか。
予想してたのはやってほしいって願望8割くらいあったのでほんと嬉しかったです。
そうだよ、こういう天ちゃんも見たかった!



「relations」(ぴょん吉、ゆきち)は残ってる面子的にやっぱりそうなるよね!
ゆきちがこれを歌うっていうのを前日全く予想してなかったんだけど実際こうして聞いてみるとストン、と落ちてくる感じ。
いや、ゆきち自身で考えたらそうでもないのかもしれないけど恵美で考えたらこの曲はむしろぴったりなんだよ!
なぜ予想できなかったんだ・・・。
ぴょん吉もゆきちもめっちゃかっこよかったです!
一応前日見てたのもあって、ゆきちばっかり追いかけてました。



「自分REST@RT」(まちこ、うえしゃま、ゆうちゃ)は間奏で出演者全員がステージに出てきたとこですごく感動してしまって。
前日にはそんな演出がなかったのでこの演出は反則的だった・・・。
これが泣かずにいられようか。
前日のいぶちゃんがこれを歌った演出もよかったがこちらもすばらしかった。
上手に二日間にわたってこの曲を魅せてくれたな、と思う。



カバー終了後は前日同様、小鳥さんがいろいろと新情報を解禁。
それが終わると出演者がステージに出てきていろいろとコメント。
そして待ちに待った瞬間が訪れる。

「みんなも一緒に名前を呼んであげてー!」
の声にあわせて会場一丸となってあの人を迎えるために、あの名前を呼ぶ。


「「「ころあずーーーーー!!!!」」」


会場のみんなに暖かく迎えられ、ころあずがステージに立つ。
体調不良から前日参加断念を余儀なくされたころあず。
その悔しさはどれほどのものだっただろうか。
そんなころあずが今、こうして、自分たちの目の前にステージに立っている。

もうそれだけであふれる涙を止めることはできなかったし、そうだったプロデューサーは大勢いたと思う。


なんだけど、登場して早々に、バックステージでモニター越しにまちこのふともも見てて興奮していたとセクハラを始めるころあず。
さっきまでの涙返せww


そこから次の曲です、といってぴょん吉、もちょ、ころあずが一歩前に出る。
ということは・・・?



「U・N・M・E・Iライブ」(ぴょん吉、もちょ、ころあず)がきますよね!!!
ライブ直前に発売されたCD。これをやらない理由がない、と予習してきたPが多い中でのころあずの不参加決定の通知。
一日目にもしかしてころあず抜きでもやるのか?と思われていてやられなかったこの曲。
もしかして元々やらないつもりだった・・・?とも思ったこの曲。
でも違った。やっぱりというかなんというか。

三人じゃなければ意味がないのだ。

だからこそ一日目にはやらず、二日目にやったのだと思う。
三人が一歩前に出た時点でああ、やるんだ、という想いと。
ライブで歌う初めてが三人で本当によかったという想い。

これらがごちゃまぜになって胸がきゅぅっと締め付けられたのもつかの間、Pを試すコールが始まるわけで。

練習してきたけど肺活量ちょっと足りないですきっついアレ!!
みなさんは出来ましたか!?
自分は最後の「L・I・V・E!」が若干怪しかったです、息が続かない・・・!!

ステージ上で嬉しそうに、本当に嬉しそうに楽しそうに歌う三人を泣きながら応援してコールしてたのでそりゃ無理ですよね、って話ではあるのだけれど。
本当に三人揃って歌えてよかったと思う。
これが見れて本当に嬉しかった。



「Marionetteは眠らない」(まちこ、もちょ、天ちゃん)は定番のまちこ&もちょに天ちゃん。
天ちゃんならユニット曲これ歌うよね、っと楽しみにしていたので歌ってくれてよかったー。
天ちゃんかっこいい曲がほんと似合うよね!



「透明なプロローグ」(みっく)
前日に引き続き急遽参加となったみっく。
急な出演となったにもかかわらず安定しててあぁ、すごい子なんだな、と気づかされる。
帰ってきてからいろいろ情報漁ってみたらほんとすごい子みたいでなるほど、だから急遽二日目の出演もできたのか、と納得。
前日同様、聴く曲だからこそ、じっくりとみっくを見ることが出来てよかったです。
みっくかわいい。



「朝焼けのクレッシェンド」(種ちゃん)は大好きなLTP04の曲!
種ちゃん、直前のミリラジで天才肌っぽい、みたいなことを言われていたけど納得のステージでした。
なにこの人すっげぇぇぇ・・・!!!
かっこいいし綺麗だし歌うまいしほんとすごかった・・・。
ちなみにミリオンの曲、唯一(?)全曲覚えてるそうです(ミリラジ2014/06/06より



「微笑み日和」(ゆうちゃ)もじっくりゆったり聴く曲!
2番終わったあとの間奏で伝えたいことがあるのでコールとかなしに言葉に耳を傾けて欲しい、とゆうちゃ自身がツイッターで言っていて、
「どれくらい広まっててコールとまるかな」と思ってたらぴたっとサイリウムすらあがらなくなってプロデューサーのすごさを改めて実感。
エミリーとして、プロデューサーへ言葉を届けてくれたゆうちゃが最後泣いて言葉詰まってしまって歌えてなかったけれど、みんなからの暖かい声援を受けてなんとか頑張ろうとして、でもそれでもやっぱり涙が止まらないみたいで。
こっちまでもらい泣きしてしまった・・・。
ゆうちゃ、すっごくよかったよ、頑張ってたよ、ありがとう!



「ライアー・ルージュ」(天ちゃん)もうイントロかかる前からUW準備ですよ。
残ってる曲これところあずのだけだったからね!
開始で4本いきまして。途中で4本追い焚きしました。
追い焚きとか久しぶりにしたよ!
真っ白に染まる会場、そんな中かっこよく、ドヤ顔を決めながら歌う天ちゃん。
素敵でした・・・かっこよかった・・・!!
そんな天ちゃんをぼろっぼろに泣きながら応援してました、天ちゃん大好きすぎる。
隣の友人PもUWめっちゃ折ってて声を張り上げてて、初めてそんな姿見た気がするよ。



「Precious Grain」(ころあず)
最初ね、暗転したまま曲が流れてこなかったの。
しばらく待っても暗転したまま曲は流れず。
残っている曲はこれだけのはずだから、ころあずが出てくるはずなのに、暗転したまま曲が流れない。

もしかしてUNMEIライブで出し切っちゃって声がまた・・・?と不安になりだしたところに響くピアノの音。
もう、もう、こらえられなくて。
よかった、ちゃんと出れるんだ、って思っちゃって。
「ライアー・ルージュ」でもこれでもかってくらい泣いたのにまだ涙が出そうになって。

ステージに凛々しく立つころあずの姿を見てあふれました。
※参考画像提供:塩砂糖さん(Twitter/Pixiv)
たったひとつぶでも


おかえりころあず。
今日その場所に立てて本当によかったね、ころあず。
さぁ、めいっぱい、楽しんで・・・!

そんな気持ちでした。
ころあずがね、凛々しく、かっこよく歌ってるその姿を見れただけで涙が止まらなかった。

「たったひとつぶでもかけがえのないもの」
「たったひとつだけのかけがえのない夢」

で青のサイリウムが真っ直ぐ掲げられているあのシーンは胸に焼き付いて忘れられないです。

本当にステージに立てて、歌えて、よかったです。
そしてそんなころあずを応援できて本当によかった!


ちなみに隣の友人P、「BlueSymphony」で折りすぎてUBなくなってたみたいで余ってた分渡しました。
あんだけ買い足したのに全部折ったのかよ!



「瞳の中のシリウス」(まちこ、うえしゃま、ゆきち)はうえしゃまがLTP組。
前日は用意してなかったけど、個人的には白のイメージなのでUWを折ろうと思って3本折ったら・・・

なぜか白と青とピンクだった。

めっちゃ焦る。え?え?このポケットって白しか入ってなくない?あれ??
と思いながら白1本はあったので白を振っていく。
あぁ、ほんといい曲だよね、これ・・・。



「ココロがかえる場所」(ぴょん吉、もちょ、天ちゃん)
天ちゃん出番多いな!?
嬉しいからいいけど!
これを歌う、ってことはもう終わりが近いということ。
それを前日で知っていることもあり、曲が曲というのもあり、涙が止まらない。
終盤にこういう曲持ってこられるとやっぱり泣いちゃうよね・・・。



そして出演者全員がステージに上がってひとりひとり挨拶。
もう最初のゆきちから泣いていて、りえしょんにいたっては号泣しながら言葉を探しても見つからずゆきちに支えられながら頑張ってた。
種ちゃんは何度も「泣いてないですよ」といいながら言葉を綴っていくも、その言葉は震えているように感じた。

天ちゃんの「私、かっこよかったですか!」に対して割れんばかりの会場からの
「かっこよかったよーーー!!!」の声援。
自分もありったけをこめて叫んでました。
隣の友人Pが今まで聴いたことないレベルの声量で叫んでたのも印象的。

そして多くの出演者がぼろぼろに泣きながら言葉を紡いでいく中、泣かずに挨拶を始めたもちょ。
話してることがあっちこっちに飛び始め、ついには
「麻倉さんをフォローしてくださいってなんですかー?」とか言っちゃう。
でもそんなもちょで少し空気が緩やかになったのか、その後の挨拶はスムーズに、綺麗にまとまっていったのでもちょはあえてああいう風にしたのかな?と思わなくもない。

もしわざと自分がああいった行動を取ることで全員に、会場に下りていた少し重い、終わってしまう、という空気を払拭したのだとしたらすごい。
もちょにそんな考え方できるか?と思われそうだけど月ヶ瀬としてはありえるかな、と思っている。
ラジオとか聞いてるとわかるけど、もちょって人を否定したりするような発言を全然しなくて、それは考えて発言をしているからだと思うから。
だとしたら中野のあの最後の挨拶でああいう風に場を和ませたのももちょだからこそだったんじゃないか、ってね。

ちなみにほんとこんな感じだったんですよ。
※参考画像提供:タカさん(Twitter/Pixiv)
もちょ挨拶2nd



あっれー・・・考えすぎな気がしてきた・・・。




「Welcome!!」(全員)
前日初めて公開された曲なのでこの日初めて聴く人も多い中、前日LVまたは会場にいたPも多かったみたいで前日よりコールが揃ってる!
この有能っぷりはさすがプロデューサー、といったところ。
前日が10人だったのにこの日は12人もいてステージがいっぱい!

前日レポには書いてなかったけど、「ここまでこれたよ!」「まだまだこれから!」みたいな感じで出演者が叫んでくれる部分があって。
それを聞くたびに胸をぎゅって掴まれてるみたいな感覚がして、なんていうのかな、もっと先を、もっと次を!ってなるんですよ。
ここまで一緒に、そしてこれからも一緒に作っていくんだっていう感覚をくれる、そんな言葉だったと思う。

この曲の完成はきっともっと大きなステージにたどり着いてそこで歌ったときなんだろうな・・・。



そしてライブは終演・・・を迎えるワケないよね!
前日以上のアンコールに応えて出演者全員がステージへ。
もちろん、ころあずも。



「THE IDOLM@STER」(全員)
前日と違って人数が多いから目で追いかけるのが大変!
みんな思い思いに?楽しそうに動きながら歌ってるのがすごくよかった。
まぁ、自分は天ちゃんばっかり追いかけてたんですけど。
途中、ゆうちゃが丁寧にお辞儀をしていたのもすごく印象的だった。



そしてこの二日間を締めくくる最後の「Thank you!!」(全員)が、出演者の「ありがとう!」で始まる。
この曲で始まり、この曲で終わる、それだけでもずるい演出なのに。
この日はもっとずるかった。

開演の「Thank you!!」は全員だったけれど全員じゃなかった、ころあずがいなかった。
でもこの「Thank you!!」にはころあずがいた。
正真正銘の全員だった。

もう、それだけでやっぱり嬉しくて泣かずにはいられなかった。
こうしてみんなが揃って、無事終演を迎えられることを泣かずには無理だった。

最後はもう涙で顔がぐしゃぐしゃになりながら、ありったけの「ありがとう」を叫んでいた。




終演後カーテンが閉まるまで歓声が、拍手が鳴り止むことはなく、カーテンが閉まった後はいつもの「アイマス最高」コール。
その後も、数分は涙が止まらず、席を動けなかったです。
それぐらい、このライブは自分にとって大きなものだったし、素敵なものでした。

LV、会場と二通りの参加をしましたが、両日ともに大成功といえるステージだったと思います。
次回があればまた是非参加したい。
そう思えるステージでした。



会場内、会場外にとどまるのは迷惑になるのでとりあえず駅前まで戻り、ホテルで待機していた友人Pらと連絡を取ってからホテルで合流の流れになったのでホテルへ。
ご飯を食べに出て、帰りにいろいろと買い込んで戻り・・・

本日の打ち上げー(o・∇・o)(ミリラジ風に
うちあげー



実は初日もやってたんですがレポに書くの忘れてましたw
普段あんまり飲まないんですがライブ後は別。
おいしく飲めるんですよねw


その翌日、秋葉をふらふらしてから地元へ帰還。
出張お疲れ様でした!
※月ヶ瀬Pはそのまま友人P宅に居候して約1週間後に自宅に戻りました。
なので中野出張は実は9日目までありました。どうなってんだ。




ここからはオマケというか使ったものの紹介とかそれらに関して思ったこととかー。


さて今回、多くのプロデューサーたちと出演者たちを応援したであろうこの子たちには本当にお世話になりました。。
公式サイリウム
公式リウム


自分は事前通販で購入していたのですが箱入りのセットはこんな感じ。
外観
外観


開けたとこ
開けたあと



点灯チェック。
セットは当初の参加予定組で組まれてました。
カメラの関係で明るかったり暗かったりしますがご了承を。

初日参加の子。
左からジュリア、百合子、美奈子、可奈、まつり、奈緒。
初日



二日目参加の子。
左から志保、海美、エミリー、琴葉、恵美、亜利沙。
二日目の子



両日の子。
左から未来、静香、翼、星梨花、杏奈。
両日



本当にお世話になりました。
一番最初の画像でわかるように、グリップが工夫してあって複数持つのが非常にやりやすかったです。
ストラップを手に通しておくことでMCのときに対応した色にすぐ持ち帰られるのがよかった。
キャラが描かれていて、グリップには名前が印字してあるので他のライブに持っていくのは若干ためらわれますがこれだけ色が揃ってると不自由しなさそう。

遠征する組としてはこの出費はちょっと高かったですが買ってよかったと思います。
おかげで2days思いっきり楽しめました。

今後出てない子の分も出るとしたらあと20色ですね!(だよね?



で、こちらが二日間で折った大閃光たち。
折ったの

二日間で42本でした。
内訳は細かくはちょっと覚えてないのですが、
ピンク:10本
オレンジ:8本
パープル:2本
ホワイト:10本
ブルー:12本
だったと思います。

体感的に、オレンジは発光の劣化が早いので追い炊きしたいのも考えるともっと用意した方がよかったかな、という感じ。
あとアレですね、「ライアー・ルージュ」のこと考えるとホワイトも倍いりますね、自分は「瞳の中のシリウス」でも折るし。
「relations」が赤だったから赤用意するべきだったなぁ、というのは反省点。
というか「流星群」は折りたい曲でした。
パープルは「アフタースクールパーリータイム」のために準備したんですがどうもパープルは発光色が・・・。
公式リウムのシャンパンゴールドがすごく綺麗なのでこれは折らないで公式リウムの方がよさそう。
ブルーはどうなんだろう、青系統のキャラが多いのとユニット曲での青が多いので本当はもっとあったほうがいいかも。
自分は推してる子の関係で「BlueSymphony」「Precious Grain」「ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン」で使った感じだったので。
他の子やユニット曲も折ると全然足りないと思います、青系多い。




と、長々と書き連ねてきましたがこれにて
「THE IDOLM@STER MILLION LIVE!1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!」
のレポ、2days分終了です。
お疲れ様でした。
さて、いかがでしたでしょうか。
これらが初日LV会場、二日目中野会場に参加した、一人のプロデューサーが見て、聞いて、感じたことのほぼ全てです。
参加された方はあの時を、参加できなかった方はここからイメージを、それぞれ感じ取っていただけたらと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

アイドルマスターミリオンライブ!はまだまだ大きくなっていけるコンテンツです。
これからも応援を続け、そしてもちょの言葉。

「ミリオンオンリーライブは2nd、3rdとあるんですよー(o・∇・o)」

を現実にしましょう!


月ヶ瀬P(砂糖細工)
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

初日LV、二日目現地で参戦したのですが……まさか席が前から二列目のど真ん中とは思わず緊張してましたww
いや、近すぎるでしょう!?

なんすと天ちゃんばかり追いかけてました、あとゆき姉も
最後のほうなんて左端の天ちゃんと右端のゆき姉どっちも見てたから首が痛い……(笑)

UNMEIライブの段階で緩んでた涙腺がPrecious Grainのイントロで完全に決壊しました……

コメント返し。

>伊吹疾風様
コメントありがとうございます!

前から二列目ど真ん中とかうらやましすぎる・・・!!!
その近さだと出演者の表情とかまでしっかり見れてそう!

天ちゃんとゆきちは逆サイドで離れてましたからね・・・仕方ないかも。

もうほんとPreciousGrainは始まる前のあの暗転の長さが不安を煽ったのもあってほんとイントロ流れたときはこらえきれないものがありましたよね・・・。
今でも思い出すだけで泣けてきます。
FC2カウンター
中の人的な。
【砂糖細工(さとうざいく)】
一応元主催者。
今はプロデューサーで騎空士で提督。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
上海アリス幻樂団
M.I.W
No Banner
かかっちVISIONブログ
No Banner
美月亭
駄文日記
ゆめいろごろも
ぷらちな
繋がりの海と、ひとひらの幸せ。
あまやどり
Faintry Citrus
たれみみ屋。
Kの小部屋
積木遊び
*アヤロリ*
No Banner
十六夜研究所
No Banner
VISION広島遊符会
No Banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。